air do(エアドゥ)という航空会社が、北海道民から愛される理由

dsc00702_sエアドゥは、北海道民限定のサービスを提供しています。道民割引という制度で、このサービスを利用することで、交通費用の23%の割引を受けることができます。
23%と聞いてもピンとこないかもしれませんが、飛行機の運賃は万単位でかかってしまいます。エアドゥなどの格安航空会社を利用したとしても、それなりに出費がかさんでしまうものです。例えば、片道20,000円のフライトをした場合、道民割引サービスを使用すれば、約5,000円もの割引を受けることができるのです。往復で約10,000円の割引です。

このように、とても大きなサービスを北海道民に向けて実施しているところが、エアドゥが愛される人気要因のひとつだと言えます。ちなみに、北海道に住んでいる場合の他に、北海道に本籍がある人、本社が北海道にある会社に所属する人も、道民割引が適用されます。会員登録をするだけで簡単にサービスを使うことができ、とても手軽に飛行機を利用することができます。

また、エアドゥの予約はとてもわかりやすく、オンライン予約がおススメです。飛行機の予約と言うと、難しいイメージを抱いてしまいます。
エアドゥのオンライン予約も、ホームページから行えるのですが、とてもシンプルで使いやすいという評判を受けています。最低限の希望条件を入力するだけで、乗車可能な飛行機が便ごとに表示されます。あっという間に予約が完了し、初めて使ったときは「本当に予約ができてるの」と疑ったほどです。このように、分かりやすさを提供している点も、人気を集めている要因なのではないでしょうか。

オンライン予約に留まらず、エアドゥのホームページもとても使いやすい印象を受けます。航空会社のホームページは、複雑すぎて自分の求めている情報に行き着きにくいものです。
しかし、エアドゥのホームページはとてもシンプルに整備されており、得たい情報をすぐに得ることができます。ヘルプ(よくある質問)の質問例もとても多く、初めての飛行機でもエアドゥであればストレスなく搭乗することができるでしょう。エアドゥはスカイチケットが格安で予約販売しているので比較し検討してみるが一番よい予約方法かと思います。
 
このように、北海道民のための限定サービスである道民割引、オンライン予約の手軽さ、ホームページが整備されている点などが、エアドゥが北海道民に愛される要因です。とてもシンプルで気持ちのいい航空会社ですよ。

エアドゥヨーロッパ便待望論!?

北海道民に親しまれているエアドゥ。現在は国内線のみの運航となっていますが、「ヨーロッパ便を運航してみては」と言う声が多く聞かれます。この記事では、そんなヨーロッパ便待望論に軽く触れるとともに、エアドゥという航空会社について紹介いたします。

air do(エアドゥ)は、日本の航空会社です。東京国際空港、新千歳空港を主な拠点としています(札幌市に本社がある)。また、女満別、函館、旭川など、北海道各地の空港からも利用をすることができます。いわば、北海道のローカル航空会社と言ったところで、北海道民で飛行機を利用する人なら、誰もが知っている航空会社と言えるでしょう。1990年代に設立された比較的新しい会社で、格安航空会社として親しまれています。
そんなエアドゥは、現在国内線のみが運航しています。特に、新千歳空港からのフライトが多く、北海道民の足として親しまれています。

北海道から本州などへの移動手段としては、やはり飛行機が定番です。確かに、北海道新幹線の開通など、近年は鉄道網の発達に話題が多く集められています。しかし、時間価格ともに効率的に移動できるのは、飛行機なのではないでしょうか。
ちなみに、新千歳空港から東京国際空港までエアドゥを使って移動した場合、片道約25,000円でフライトすることができます。所要時間は1時間30分程度であるため、新幹線で移動をするよりも早いことがわかります。運航便数も豊富で、1時間に1本程度が搭乗しているようです。

そんな北海道に根付いているエアドゥ。実は、国際線が待ち望まれています。特に、ヨーロッパまで行く飛行機を運航してくれないかと、北海道民は期待しているようです。

北海道民が格安航空でヨーロッパまで行く場合、一般的には東京に出て、そこからヨーロッパ便に乗り継ぐ必要があります。この乗り継ぎが面倒であるため、北海道民からはエアードゥのヨーロッパ便待望論が出ているようです。
もしも、新千歳空港からエアドゥによるヨーロッパ便がフライトしたら、格安かつ効率的なヨーロッパへの移動が可能になるのです。東京よりも北海道の方が、ヨーロッパまでの距離は近いですからね。ロシアくらいであれば北海道の隣であるため、早く実現ができるのかもしれません。

いつかはエアードゥで!?ヨーロッパ・ロンドン観光 お勧めスポット

ヨーロッパ観光の定番地であるロンドンは、イギリスの首都でもあります。ロンドン市内には、ヨーロッパ文化を感じられるさまざまな建造物があり、来た人を楽しませてくれます。
 
そんなロンドン市内の観光名所で最も人気を集めている場所が、大英博物館です。テレビなどで見たことのある方も、多いのではないでしょうか。とても大きな建造物で、「これぞ博物館」と言った印象を受けます。外観のみならず館内はとてもオシャレで、居心地のいい時間を送ることができるでしょう。
博物館といえども、もちろん日本の博物館とは違います。展示されているものも、ヨーロピアンな物ばかりで、興味のある方は1日中滞在しても飽きることなく過ごすことができるでしょう。

大英博物館の他にも、ロンドン市内にはさまざまな博物館があります。博物館以外の建物で特にお勧めしたいものが、エリザベス・タワーです。通称、ビッグベンとも呼ばれています。

エリザベス・タワーもとても大きく、ロンドンの街に根付いています。遠くから見ているだけでも、とても迫力があり圧倒されること間違いありません。
テムズ川の向こう岸からのエリザベス・タワーが、お勧めの撮影スポットです。また、エリザベス・タワーは、夜になるとライトアップされます。夕方から夜にかけて、ボーっと眺めていると、ヨーロッパに来てよかったとしんみり思えるものです。
周辺には、オシャレなカフェや飲食店、レストランなども点在しているので、街を散策するのにも楽しめるエリアです。

ロンドン市内の観光スポットのなかで、最後にお勧めしたい場所が、セントジェームズパークです。こちらは、建造物とは違い、ゆっくりと自然を楽しむことができます。公園と言っても園内はとても広く、芝生や木、池などがキレイに整備されています。ロンドン市内の中心部にあるため、観光名所を訪れたついでに立ち寄ることができますよ。バッキンガム宮殿のすぐ隣に位置しています。

思いっきりロンドン観光を楽しんで、歩きつかれたらセントジェームズパークで休憩。とても贅沢なヨーロッパ観光ですね。
ロンドン市内には、とても多くの公園があります。この公園が、上手く文化財と融合して、ロンドンの美しい景色を作り出しているのではないでしょうか。

いつかはエアードゥで!? ヨーロッパ観光 イタリアのお勧め観光スポット

イタリアの観光スポットのなかで、おススメしたいスポットのひとつが、大聖堂です。通称、ドゥオーモとも呼ばれ、観光客からとても愛されています。
ドゥオーモは1800年代前半に完成し、現在もその形を残しており、当時の街の雰囲気を感じることができます。

教会のなかも見所満載で、神秘的かつキリストの宗教的な雰囲気を感じることができます。とにかく街にとけこんでおり、まるで映画でしか見たことのない、中世ヨーロッパの世界に入り込んだかのような気持ちになることができます。

場所は、ミラノ市の中心部にあり、周辺には飲食店やレストラン、カフェなども点在しています。かわいいお店も多く、イタリア料理を楽しむことができます。宿泊ホテルもたくさんあるので、じっくりとドゥオーモを堪能することができますよ。

また、イタリアの首都であるローマでは、コロッセオが出迎えてくれます。コロッセオは、約2,000年前に完成した建造物で、現在は世界遺産にも登録されています。そんなコロッセオ。とにかく大きく、「こんなものが2,000年前に建てられたのか」と、高揚的な気持ちになることができます。

コロッセオが完成したとき、日本はまだ弥生時代ですからね。そんな頃にあれだけ立派な建物が完成したのです。そして、現在にまで残っているのです。ぜひ、そんなイタリアの技術と文化を感じることのできる、コロッセオまで足を運んでみてください。ローマの街中にあり、周辺もオシャレな建物がたくさんありますので、散策にも持って来いの地域ですよ。

イタリアの観光名所は都市部だけではありません。自然と街が融合した、ポルトフィーノという街も、またお勧めです。東京ディズニーシーのテーマポートであるメディテレーニアンハーバーのモデルとなった街として、日本人にも馴染み深い場所です。

漁師町であるため、海の上には船がたくさん浮かんでおり、それもポルトフィーノの象徴的風景となっています。独特な外観の建物やキレイな海など、その街の暮らしと自然そのものが、ポルトフィーノの魅力です。ショッピングや食事を楽しむのもよし、ぶらっとあてどなく散策するもよし、イタリアの中心部とは違った角度から、イタリア観光を楽しむことができます。

いつかはエアードゥで!? ヨーロッパ観光 スペインのお勧め観光スポット

スペインで一番人気のある観光名所は、サグラダ・ファミリア教会でしょう。日本国内では、多くの美術教科書で紹介されており、馴染みの深い観光名所なのではないでしょうか。
そんなサグラダ・ファミリアの魅力は、未だ未完成であるという点にあります。サグラダ・ファミリアは、とても立派な建物ですが、まだ完成していないのです。100年以上前に着工し始めて、未だ建築途中の建築物。おそらく、サグラダ・ファミリア教会だけではないのでしょうか。

ちなみに、サグラダ・ファミリアは、2026年に完成が予定されています。できれば完成前に見ておきたいものです。数十年後に、建築途中であるサグラダ・ファミリアを見たことを自慢できる日がくるかもしれませんね。

サグラダ・ファミリアの高さは170メートルあり、周りの建物に比べるとずば抜けた存在感を誇ります。周辺にも観光スポットがたくさんあるため、宿泊ホテルを近辺で見つけて、じっくりと散策するのも楽しいですよ。

グラナダにあるアルハンブラ宮殿も、ぜひ行っておきたい観光名所のひとつです。山のなかに建っている宮殿で、まるで中世ヨーロッパのお城のような雰囲気を持っています。宮殿内もとても広く、庭もきれいに整備されていて見応え満載ですよ。

特にお勧めしたい時間帯が夜です。夜のアルハンブラ宮殿は、とても神秘的です。ライトアップされている外観は、まるでおとぎ話の世界のなかのようで、「スペインまで来てよかった」という気持ちにさせてくれることでしょう。
周辺に駅はありませんが、周辺にはバス停があり、バスでアクセスをすることができます。

スペイン観光は、文化的建造物の見学などが主です。しかし、スペイン内の公園にも、ぜひ立ち寄ってもらいたいものです。スペイン内の公園は、自然豊かで隅々まで整備が行き届いていると評判です。

そんなスペイン内の公園のなかでも、レティーロ公園は特にお勧めです。と言っても、レティーロ公園のなかにも、さまざまな文化的なモニュメントが飾られています。スペインの文化に加えて、自然に癒されながら休むことができる。レティーロ公園とは、そんな場所なのです。
レティーロ公園のみならず、スペイン内には美しい公園がたくさんあります。歩きつかれたときなどには、ぜひ利用してみるといいでしょう。